現在表示しているページ
ホーム > 介護実習センター >催し物・体験コーナーのご案内

介護実習センター【催し物・体験コーナーのご案内】

「体験コーナー」は介護実習センターの事務所を兼ねており、研修・相談・諸行事のお申込み・お問い合わせの窓口となっています。お気軽にお立ち寄りください。

催し物のご案内

◆地域の茶の間

お茶を飲みながら、一緒におしゃべりしませんか?ちょっとの立ち寄りも大歓迎です。

【日時】毎週土曜 10:30~12:00
【対象】概ね60歳以上の方(どなたでも参加可)
【参加方法】費用無料 予約不要 ※直接会場にお越しください
 

◆認知症の方の家族のつどい「あびこ」

認知症介護 ひとりで抱えていませんか

認知症の方を介護する家族の交流や情報交換の会です。
つどい内でのお話は、外部に出ることはありません。同じ悩みをもつからこそ話せる
ことばを、 ぜひ きかせてください。

【日時】偶数月 第二水曜 13:30~15:30
【対象】認知症の方を介護している家族・介護経験者
【参加方法】費用無料 予約不要 ※直接会場にお越しください
【会場】けやきプラザ 7階研修室 ※変更になる場合もあります
【つどいの原則】
   ・話の内容は会の中だけで(他言しない)
   ・他の方の話は否定しない(なごやかに)

<認知症の方の家族のつどい あびこだより ダイジェスト版>
準備号(認知症の方の家族のつどい とは?)

<2019年度>
№1(9月号)   ■№2(11月号)

 

体験コーナーのご案内

高齢者・認知症について学びたいとき、ご自分の脳年齢やストレス度を知りたいと思ったときはお気軽にお越しください。(事前のご予約をお勧めします。)

1.高齢者疑似体験「うらしま太郎」「つくし君」

 こどもから大人まで、どなたでも高齢者の疑似体験ができます。高齢者の身体状況と心を理解することが出来れば、よりご本人に適した対応やコミュニケーションを取ることができます。個人差はありますが、日常生活に不便を感じるようになるのが80歳前後といわれています。
この体験は、自然と年を重ねて80歳くらいになった人の体と心を感じ、思いを馳せてみることを目的としています。

2.認知症疑似体験

 わかりづらい認知症を理解する為のもので、認知症のお年寄りが見ている世界を体験します。
(この体験は認知症の評価をするものではありません)
老化現象と認知症の違いは、一言でいうと「体験したことを覚えているかどうか」です。老化による物忘れでは病的に進行することはありませんが、認知症ではどんどん悪化し、やがて日常生活に支障が出てきます。

3.車いす体験

 車いすを使用するに当たって、押す人も乗っている人も安心・安全・楽な方法をお伝えいたします。
体験することで乗っている人や押す人の気持を推し量ることが出来ます。

4.福祉用具ミニ展示・体験

 月替わりで各種の福祉機器を展示し使用方法や購入方法・利用料金などのご相談にのっています。

5.脳年齢・血圧測定

 パソコンの画面に沿って楽しみながら脳年齢の測定ができます。
また、血圧測定により日々の体調管理の参考にしていただけます。お気軽にお試しください。

「団体体験研修」のご案内

ご予約により、団体貸切にてお使いいただけます(20名以内、2時間が基本となっていますが、ご相談ください)。

体験時間:10時~12時または13時30分~15時30分

お申込・お問い合わせ
  • 電話の場合は希望日時、団体名、体験予定者数をお申込みください。確認書を作成の上折り返しご連絡します。
  • 来場の場合は「体験研修」確認書にご記入いただきます。

(研修メニュー)

  1. 高齢者疑似体験・認知症疑似体験・車いす体験・福祉用具体験
  2. 高齢者に関するミニ講座(オプション)

※ 出前研修もあります。詳細につきましてはお問い合わせください。

介護実習センター
利用時間

9:00~21:00

受付時間、場所

18:00まで
1階体験コーナー内 

連絡先
TEL: 04-7165-2886
FAX: 04-7165-2882
休館日

毎週月曜日 (祝日の場合は翌平日)
年末年始 (12月29日~1月3日)
施設点検日